サッカーのユーロ2016を見て手助けやり方を位置付ける

サッカーのユーロ2016が始まりました。
リアルタイムで見続けるのは困難なので,全競合を録画して少しずつ見学しています。
欧州同士の競合がWカップよりも大勢見ることが出来て,国の威信をかけた魂の突き当たり合いを満喫しています。
スポーツマンはもちろんですが各国のエールが何とも温かく,鳴り物ではなく人々の主張によるエールには圧倒されます。
日本のサッカーや野球では,エール歌や鳴り物が主流です。
国中代表の競合にも多くの支援が詰め掛けて熱いエールをしますが,曲調に合わせて色々なエール歌を合唱していますよね。
でも何か運動見学と言うより,パフォーマンス感覚で歌って楽しんでいるという感じがします。
野球ではパリーグの某球団が,おそらく鳴り物を使わず主張だけで迫力のあるエールをしています。
ラグビーもエール歌は使わず自然の気分だ。
圧迫キックの時は客席も静まり返ります。
サッカーは攻守スイッチが頻繁な運動なので,1雑誌容態のエール歌ではなく危機・チャンスにある普通歓声で十分だと思います。
あとレース彼氏に対する敬意も持つべきで,過度な本国エールだけでなくフェアプレーやファインプレーは仇敵援助無く賞賛ください。
バレーボールでもとことん思える事ですが,本国がよければというエールには違和感があります。
国中も媒体を含めてしばし大人のエールをやるなと,ユーロ国のエールから感じているこの頃だ。http://www.tunnelvisionbooks.com/