DreamHack Summer NiP vs GODSENT お便り

完全にGODSENT、そしてpronaxの読みが勝った遊戯だった。
TでスタートしたNiPだが、最初から完璧にアクションを読まれ完封される。
地中を通れば完全タイミングでHEを落とされ、スイッチしても断然対応されるとぴったり完全守りでシャットアウトされる。
容積がどうしてであろうともアクションを読まれればどうしようもなく、どんどんと差が伝わる初期戦だった。
随時ラウンドを引き戻す事はあっても続かず、始終GODSENTの手の内で踊らされる、そんな印象を受け積み重ねる開発で、3-12という大差で折り返す項目と繋がる。
方法を読み解かれるという絡めやり方にはNiPは即応する事が出来ず、末もテンポは上がらずに4-4とラウンドを順調に積ませてしまい、16-7でGODSENTが勝利した。
5人の攻めでは頭数以上に攻め筋を読まれる事が死活問題になるというのがかわいらしく押さえる戦いっぷりで、NiPは本当に厄介な仇敵をまた内作ってしまったことになる。
すでにpronaxの覚悟が蓄積されていらっしゃるfnaticにいま作り上げているGODSENT、NiPにとっては国内に不具合と言えるべき仲間が2つ存在することになり、今後も苦労しみたい。